車庫証明 取り方

車庫証明とは

書類

車を新たに所有するときに必要な車庫証明。よく聞く言葉ですが、実際にはどういったものなのでしょうか。

 

車庫証明自動車保険場所証明申請書保管場使用承諾証明書保管場所の所在図配置図といったものから成り立つ書類の事です。

 

簡単に言うと、車を放置などせず、回りに迷惑をかけることなくきちんと保管できるかどうか、車を保管できる十分なスペースがあるかどうか。といった事を確認・証明する書類の事です。

 

場所もないのに、車を購入して近所迷惑になるように停めていては、非常に厄介ですからね。
しかも、車は時には凶器となってしまう物です。

 

1トンもの鉄の塊ですから、安全に保管されることは必須です。
そういった意味で、この車庫証明はとらなければいけませんし、きちんと申請をしなければならないものなのです。

 

都市部を離れた郊外では比較的確認も簡単に行われますが、住宅や商業施設が多い都市部では厳しい項目もあるようです。

 

また、申請は車を購入した先でも行ってくれますが、費用を節約するために自分で申請することもできます。
この場合、地域によって方法が若干変わってきますので、注意してくださいね。


車庫証明書が必要なのはこんな時

引っ越し

車庫証明が必要となる時は、新車を購入するときや、中古車を購入するとき、車を所有している人が移転や結婚などをして氏の変更があった時などです。

 

車を安全かつ他に迷惑がかからないように保管できるかどうか?という証明になりますので、車を購入した際には必ず必要ですね。

 

その他、引越した場合もその引っ越し先で、車が問題なく保管できるかどうか。ということで必要になります。
所有者を明確にする必要がありますので、結婚などで登録内容に変更があった場合も申請が必要です。

 

車は購入に限らず、相続した場合にも所有者が変わりますので、その所有者が車を管理する場所があるかどうか、という事で必要になります。

 

相続ではなく、譲渡の場合も同様です。
知人からの譲渡、家族からの譲渡でも所有者が変わる時には、車庫証明が必要となります。

 

ただし軽自動車の車庫証明に関しては、車庫証明が必要でない場合もあります。

 

一般的に区や市といった都市部では必要です、町や村といった郊外では必要でない場合が多いようです。必要かどうかは、車を購入した先で教えてもらえるので、確認してください。


車庫証明の取り方

婦人警官

新車や中古車、住所変更や名義変更の際に車庫証明が必要になります。

 

車庫証明の正式名称は「自動車保管場所証明書」と言います。

 

車を保管する場所を証明するものなのです。
自宅から車の保管場所まで直線距離で2km以内となっているので、離れた場所に駐車場を借りる場合には注意が必要です。

 

ではまず、車庫証明の申請に必要な書類を用意しましょう。

 

車の保管場所の地域の管轄の警察署で入手またはインターネットよりダウンロードします。

 

必要書類は申請書・自認書・承諾書・配置図の一式で、承諾書は駐車場を借りている場合に管理人または管理会社に記入してもらいます。

 

また自分の家の敷地内でも土地の名義が親や配偶者であれば名義人に承諾書を記入してもらいます。

 

自認書は自宅や自分の土地で取る場合に必要となります。

 

必要書類を一式揃えたら申請料・保管場所標章用(ステッカー代)で2,000〜3,000円を持って警察署の車庫証明窓口に提出します

 

申請書には証紙(2,000円〜2,500円)を購入し貼っておきます。
これで問題がなければ3〜4日ぐらいで車庫証明が交付されます。

 

車庫証明をもらうときには印鑑(認印)が必要になります。


車庫証明にかかる費用

ぶたさん貯金箱

車庫証明を自分で取得する場合に必要となる費用は、実質書類を申請するときに必要な証書の代金2700円程度です。

 

これに、警察署に行く手間や、書類に書き込む時間、出来上がった車庫証明をとりに再び警察署に出向くという負担があります。

 

平日、フルタイムで働いている人では、ちょっと難しい部分があるかもしれませんね。

 

しかし、これをディーラーなどに委託した場合、手数料として15000円から20000円程度とられる場合が多いようです。

 

実際は2700円の証書代しかかかっていないのに、ちょっととり過ぎな気もしますね。

 

申請書類を持ちに行ったりすることは、家族でもできますので、家族の協力を得て格安で費用の節約をすることはできそうです。
また、親しくしているディーラーや次の車が新車で高額なものになったりすると、出来る営業マンは格安でやってくれたりします。

 

営業マンは信用がものを言う仕事ですからね。車は大きな買い物です。小さな節約で結構、費用が抑えられたりします。

 

同時に、命を預ける乗り物を購入するわけですから、信頼のおける人から購入したいものです。気の利いた営業マンと出会う事でも費用の節約につながるかもしれません。


車庫証明書の期間

カレンダー

車庫証明を取得したからと言って、その車庫証明にいつまでも効力があるわけではありません。

 

車庫証明が発行されてから1カ月以内に車を登録しなければなりません。

 

警察署に書類をもらいに行って、記入して提出、受理されて車庫証明の発行までには最低4日程度かかるものです。週末や祝日を挟んだり、書類に不備があるともっと時間がかかることがあります。

 

購入した車を登録するためにも、早く入手して登録してもらいところですが、自分で車庫証明を取得る時には、そういったタイムラグが生じる可能性が高いものです。

 

仕事が忙しい人などは、車を購入するところへ任せてしまった方が安気かもしれませんね。

 

車庫証明を使って登録された車は、廃車や売却、引越をしない限りその車の保管場所は有効になります。
同じところに保管し続けるのであれば、更新などの必要はないわけです。

 

一度車庫証明をとっていると、車を乗り換えた時などは車庫証明の書類が一部簡単になったりもします。

 

長く付き合いのあるディーラーからの車の購入では、手数料は実費だけとなることがあるのは、そういった部分からでしょう。車庫証明を正しく申請して、車を安全に保管してくださいね。


 

愛車の売却を検討中の方、こちらのサイトがオススメです!

 

高値で売却する方法などお得な情報をご案内しています。