車庫証明 取り方

車庫証明の取り方〜代理人に任せる場合

女性

車庫証明は自分で取得するのは意外と簡単ですが、管轄の警察署に行ったりきたりが平日の時間帯になります。

 

会社勤めをしていると、平日は難しいですよね?
また自動車販売店で車を購入した際に代行で車庫証明も含まれていることがあります。

 

金額として1万円〜2万円ぐらいと幅がありますが、結構高い金額が取られています。
自動車を購入して全てお任せと考えている人も多いようです。

 

自動車販売店以外に車庫証明を代理人に任せる場合には行政書士が担当する仕事です。

 

車庫証明の必要書類を本人が書いて申請を代理人に任せる場合には作成した書類を警察署の窓口に提出すればOKです。

 

委任状も必要ありません。

 

しかし書類作成から申請・取得全てを代理人に任せる場合には行政書士の仕事です。
行政書士は委任状をもらい、車庫証明の申請書の作成・申請・取得の全てを代わりに行うことができます。

 

費用としては、警察署への申請・受領で約8,000円ぐらい、車庫証明の作成・申請・受領で約10,000円〜、軽自動車になると5,000円〜6,000円前後になるようです。

 

行政書士に代理人をお任せした場合には代行手数料と証紙代(2,000円〜2,500円)になります。
行政書士によって代行手数料も様々ですから、調べてみるといいですよ。